浮気の調査から法廷への手続き

浮気の調査から法廷への手続き

相手を浮気で訴える必要が出てきたら自分はどうしたらいいのか、考えたことがある人はあまりいないと思います。

 

一つは相手が浮気なんてするわけがないという、曖昧な思い込みと、過度な信頼がそうした最悪の事態というのをいざという時にどうしていいかわからなくしてしまっているからです。

 

厄介なのは、浮気をされたらこちらの浮気調査をするとかまどろっこしいことなしでいきなり法廷の手続きへと出来てしまうことです。

 

これは確かに可能なのです。

 

ですが、ほとんどが家庭裁判所や簡易裁判所といった手続きの短いものが主流となるので、いきなり法的に乗り出しても上手くいくことはありません。

 

どうしても慰謝料をとって離婚したいと思うならば絶対に浮気調査は必要となります。相手が認めていて、それに裁判が難なく進むのであればそこまでする必要はないかもしれません。でも最悪のケースは思ってもいない時に起きたりするもので、社会の中にありふれているものです。そうした場合の対処を、一人で決めずに相談するなり、事前に調べておくなりして対応できるようにしておきたいものです。