バスでの出来事

バスでの出来事

今日、バス乗車中、一人の小学生男児が途中から乗ってきました。
バッグの中をガサゴソ、どうやらパスモを必死に探している様子。
傘が邪魔でうまくバッグの中を探せないみたい。
「傘を持っていてあげるからしっかり探してごらん」と促したところ、
バッグの中の水筒やら筆箱やらノートまで私に渡してきました。
でも、バッグを空にしてもパスもが見つかりませんでした。

 

運転手さんがマイクで「料金、お支払いくださいね」と言いました。
と、突然男の子は携帯で母親に電話をかけ、ヒックヒックとしゃくりあげて泣き出しました。
「家にパスモ、忘れてきちゃった。いまバスに乗っちゃったんだよお」と。

 

「だいじょうぶ、おばさんが払ってあげるからね」と言って私のパスモを男の子に渡し
その子は清算機にタッチしました。
だけど、運転手さんが、機械を止めてたんですよ。
「今日は、いいよ」と男の子にやさしく言ってくれました。
やさしい運転手さんですね〜。良かった良かった。

 

しかし、その子は塾に行くところだったので、帰りはどうなるのかな?と心配になり
一緒に終点で降りてから、男の子に聞いてみました。

 

ずーっと繋がったままだった母親との携帯電話のおかげで、
状況の把握はお母さんは出来ていたんです。

私が電話を代わり、帰りにお迎えにこれないようなら、
この子にバス代を差し上げておきます、と申し出たのですが
なんと、お母さんは何を思ったのか「結構です!さっさと息子に代わってください!」とご立腹。

 

なんだか私はマズイことをしたのかしら?
男の子が怒られているのはかわいそうでしたが、他人はこれ以上口を出せないですからね、
バイバイと手を振ってお別れしました。

 

なんだか腑に落ちない出来事でしたヨ。