美味しさは安全安心、我が家の野菜

美味しさは安全安心、我が家の野菜

大雪の毎日ですが、ホームセンターのチラシにじゃがいもの種芋の写真が載って、春が近いと感じます。
昨年から、退職した主人と一緒に、家庭菜園を始めました。

 

ご近所さんで家庭菜園をしている先輩に、色々教えてもらって、何とか野菜が採れました。
トマト・きゅうり・ナスなどは比較的、始めたばかりの私達でも作れますね。

 

カリフラワーが好きなので苗を植えてみましたが、上手く育ちません。
似たような形をしたブロッコリーは育つのに、我が家の土地とは相性が悪いようです。

 

苗を植え水をやり、伸びてきた茎から枝を剪定します。
そして追肥と、手間が掛かりますが、一番大変なのは、土の栄養を横取りする雑草です。
本当に強いですね、抜いても抜いても生えてくるのが雑草です。

 

除草剤は、野菜も駄目にするので使えません。肩が痛くなるけれど、手で抜くしかありません。
土を耕すのに、鍬を使えば手のひらにマメができ、腰もジンジンするけれど、収穫を思うと辛くありません。

 

農薬もなるべく使わず、キャベツについたモンシロチョウの青虫も1つ1つ、つまんで取り除きます。
こんな風に、テマヒマかかるから、自家製野菜は美味しいくなるんですね。
でも、安全安心というのも、野菜の栄養の1つだと思います。

 

採れたての野菜をどう料理するか、考えるのも楽しいし、新鮮野菜はおそすそ分けしても、喜ばれます。
収穫する頃には、同じ野菜がスーパーで安く出回っているのですが、畑で採れたての野菜は味が違います。
早く雪が消えて、畑の仕事が出来るといいのに、待ち遠しいです。